• 注目クリエイティブ
  • SORA-WEBレゾナンスが注目するクリエイターや企業の企画アイデアなどをご紹介します。

ソーシャルメディア時代には音楽の人気はこうしてはかる「Social 50」

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年02月25日

ソーシャルメディア時代には音楽の人気はこうしてはかる「Social 50」

 

 

日本のオリコンしかり、米音楽業界誌ビルボード(Billboard)しかり、従来の音楽ヒットチャートは、

 

CD売上を中心に集計されるのが一般的でしたが、

 

ソーシャルネットワークの広がりに伴って、新しいヒットチャートシステムが生まれているそうです。

 

 

米ビルボードでは、2010年12月から、新しい週間ランキング形式として「Social 50」をスタート。

 

フェイスブック(Facebook)の「fan(ファン)」やツイッター(Twitter)のフォロワーの増加数、ページビュー、

 

音楽再生回数などを元に、週間ランキングを作成しています。

 

このほか、ソーシャルネットワークでの反響をベースにアーティストの人気度を測るものとしては、

 

Next Big Sound」があります。

 

フェイスブック(Facebook)、ユーチューブ(YouTube)、MySpace、ツイッター(Twitter)、ウィキペディア(Wikipedia)など、

 

16の主要なソーシャルネットワークサービスを対象に、ファン数、音楽再生回数、コメント数、ダウンロード数などのデータを集計。

 

その推移をグラフで表示できます。また、以下のように、複数のアーティストを比較することもできますよ。

 

 

これらの新しいヒットチャートシステムは、アーティストの”売れてる”度を測る上で、

 

「ソーシャルネットワークでどれだけ評判になっているか?」

 

という点が重視されはじめたことを示す兆候かも…。

 

2011年、ソーシャルネットワークは、音楽業界においても、ファンや一般ユーザとの有力なコミュニケーションツールとして、

 

その存在感をさらに大きくしていきそうです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする