• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

<新燃岳>4回目の爆発的噴火 噴煙2000メートルに

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年02月01日

<新燃岳>4回目の爆発的噴火 噴煙2000メートルに宮崎、鹿児島県境にある霧島山系・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)で

1日午前7時54分、2日ぶりに爆発的噴火が起きた。

鹿児島県霧島市内の病院や旅館で窓ガラスが割れる被害が相次ぎ、

同市牧園町の病院では入院患者の女性(92)が顔を切る軽傷を負った。

火砕流の発生は確認されていない。





鹿児島地方気象台は、今回の爆発的噴火で火口部の溶岩ドーム(直径約500メートル、高さ約150~200メートル)の

先端部分が吹き飛んだとみられると発表した。同気象台が設置したカメラや、県消防・防災ヘリの映像などから判断した。




新燃岳の噴火活動が活発化した1月26日以降、爆発的噴火は4回目。

同気象台によると、この爆発で、新燃岳から南西約3キロにある鹿児島県霧島市湯之野の空振計では458パスカルを観測。

これまでの最大値は先月28日の82パスカルで、今回はその5倍強たる。

噴煙は火口から約2000メートルまで上昇したという。








噴煙の量は比較的多く、北西の風を受けて宮崎県都城市などに多量の降灰をもたらすとみられる。

鹿児島地方気象台は今後について「溶岩がどの程度供給されるかにより、注視していきたい」と話している。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする