• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

新燃岳、爆発的噴火…噴煙3000メートル

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年01月28日

新燃岳、爆発的噴火…噴煙3000メートル

 鹿児島、宮崎県境の霧島連山・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)は

27日午後3時41分、大きな空気振動を伴う爆発的噴火を観測した。



 噴煙は3000メートル近くに達し、

両県の広い範囲で降灰が確認された。

爆発的噴火は1959年2月以来、52年ぶり。

噴火による気圧の変化で窓ガラスなどが揺れる「空振」と呼ばれる現象も、

九州各地や高知、愛媛県で起きた。



 鹿児島地方気象台によると、

新燃岳は26日午前7時31分以降、小規模な噴火を継続。

26日午後6時50分と、爆発的噴火が観測された27日午後3時41分は噴煙量が多い中規模噴火となった。



 宮崎県では、都城、日南市などの農地約7000ヘクタールで降灰被害が確認された。

新燃岳の南東約5キロにある都城市の県畜産公社では26日夕、

直径約5センチの噴石が落下、事務所や車のガラスが割れた。

鹿児島県側も志布志(しぶし)、曽於(そお)市などでキャベツや白菜に灰が積もった。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする