• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

午前5時46分、遺族ら默とう 阪神大震災16年

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年01月17日

午前5時46分、遺族ら默とう 阪神大震災16年

阪神大震災は17日、発生から16年を迎えた。

6434人の犠牲者を悼むろうそくの炎が各地にともり、

発生時刻の午前5時46分に遺族や被災者、市民らが手を合わせた。



神戸市中央区の東遊園地では午前5時から、追悼集会「1・17のつどい」が開かれた。

「1995 1・17」の形に並べた1万本の竹灯籠(とうろう)を市民が囲み、黙祷(もくとう)した。

この日の神戸市の最低気温は平年より2.9度低い零下0.4度。

午前7時までに約5100人が足を運んだ。



神戸市主催の式典では、矢田立郎市長が

「16年たった今、市民の約4割が震災を知りません。
今生きている者の責務として、震災で得たこの教訓を後世に継承していかなければなりません」

と追悼の言葉を述べた。

遺族代表者も追悼の言葉を述べ、犠牲者の名前が刻まれているモニュメントに献花した。



この日は終日、神戸市や兵庫県西宮市、淡路島などの被災地で追悼関連行事が開かれる。

正午には神戸港の船舶が一斉に汽笛を鳴らす。
.

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする