• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

全国に広がる“タイガーマスク”現象

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年01月15日

全国に広がる“タイガーマスク”現象



●政治・経済の停滞と関係あり!?

 タイガーマスクの活躍で日本列島は大騒ぎだ。

きっかけは12月25日、群馬県前橋市の児童養護施設に

「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗る人物がランドセル10個を贈ったこと。

これがニュースで報じられるや、全国の施設などに伊達の名でランドセルや現金が贈られるようになり、

「あしたのジョー」の主人公・矢吹丈や「肝っ玉かあさん 京塚昌子」なんて名前も現れた。

すでに90件以上に達している。



 タイガーもジョーも肝っ玉かあさんも、1970年前後にテレビ放映された人気番組。

彼らを名乗るのはどんな人たちなのか。

明大講師の関修氏(心理学)が分析する。



「少年期にタイガーやジョーを見ていた50代の男性が中心でしょう。
欧米人と違って、日本人は慈善活動で名前を売りたがらない。
だけど何か善いことをしたいと思っている。
そこで誰かが行動すると、自分もやりたいと思ってこっそり動くのです。
いい意味での便乗です。
善意のタイガーさんたちは普段は地味な仕事をコツコツしているタイプ。
社会に喜ばれることで満足し、生きる励みにする人たちです。
目立とう精神はありません」



 いまや世の中は真っ暗闇。

政治は迷走し、景気回復の手だても打てない。

そうした現実もタイガー現象を後押ししているようだ。

社会学者で作家の岳真也氏が言う。



「たしかに目頭が熱くなる美談ですが、
その裏には一向に暮らしが良くならない現実に不満と不安を募らせる国民感情もあると思います。
“景気が良くならないのなら、自分たちで明るい社会にしてみせる”
と大衆が相互扶助に走っているのです。
社会不安が善意に駆り立てていると言ってもいいでしょう」



 政治の無策がもたらしたタイガー現象。

菅首相はこれをどう見る?


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする