• オススメ本・映画の紹介
  • SORA-WEBレゾナンスのスタッフがオススメしたい本や映画等をご紹介します。

生誕100年 2011年は“岡本太郎イヤー”に

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2011年01月03日

岡本太郎の生涯を初のドラマ化!土曜ドラマ『TAROの塔』

稀代の芸術家・岡本太郎氏(1911~1996年)の生誕100年記念プロジェクトが今年、各所で開催される。「芸術は爆発だ!」のフレーズや大阪万博(1970年)のモニュメント「太陽の塔」でお馴染みの岡本太郎氏の人生と功績を、テレビドラマやミュージカル、展覧会などさまざまなイベントで知ることができる絶好の機会だ。

 主要企画となるのが3月8日~5月8日に東京国立近代美術館(東京都千代田区)で開催される『生誕100年岡本太郎展』。パリ留学時代や兵役・抑留を経た活動再開時、「太陽の塔」制作時などを、全7章で構成。縄文土器の芸術性を評価・発信した功績や絶えず作品を作り続けた“自身との戦い”などもさまざまな角度から紹介していく。

 そのほか、太郎氏の誕生日である2月26日には東京・六本木ヒルズアリーナで入場無料のバースデーイベント『TARO100祭』を開催するほか、同日よりNHKにて太郎氏の生涯を松尾スズキ主演で初めてドラマ化した『TAROの塔』(毎週土曜午後9時~・全4回)を放送。また、『太陽の塔』の内部を海洋堂が1/20の縮尺で復元した『生命の樹』再現(2月・岡本太郎記念館)、1952年に制作され高島屋大阪店の食堂に一時展示されていた作品『ダンス』の復元公開(3月・高島屋大阪店)、作品集の復刻なども行われる。

 生前はもちろんのこと、1996年に没してからも幾度となくブームが起こった岡本太郎氏だが、再評価の年になりそうだ。


【番組名】
岡本太郎生誕100年企画 土曜ドラマ『TAROの塔』

【放送予定】
2011年2月26日~3月19日 
[総合] 毎週土曜 午後9:00~9:53 ほか 〈全4回〉

【脚本】
大森寿美男(おおもり・すみお)のオリジナル作品。〈プロフィール:過去のNHKでは、『クライマーズ・ハイ』、連続テレビ小説『てるてる家族』大河ドラマ『風林火山』など多数執筆。〉

【主な出演者】
松尾スズキ(岡本太郎)/常盤貴子(岡本敏子)
田辺誠一/濱田岳/山崎一/正名僕蔵/近藤公園/カンニング竹山/手塚 とおる/嶋田久作/松尾貴史/赤澤ムック/滝藤賢一/成宮寛貴/西田敏行/平田満/余貴美子/中尾彬 /小日向文世/寺島しのぶ ほか

【概要】
6000万を超える人々を熱狂に包み込んだ、1970年「大阪万博」のシンボル―太陽の塔―。今もわたしたちを魅了してやまない「太陽の塔」に込めた、岡本太郎のメッセージとは何だったのか? ― 芸術の聖家族 ―と賞賛された岡本家の人びと。太郎は、小説家・かの子と漫画家・一平の子として、芸術一家に生まれた。狂おしいまでに芸術を求める岡本家の魂は、太郎をアバンギャルド芸術の道へと駆り立てて行く。そして、生涯のパートナーであり、後に太郎の養女となる敏子との出会い。 1967年~70年の「太陽の塔」が出来るまでの万博の戦いを軸に、「岡本家の人びと」の破天荒な人間模様を描いて行く。大正から昭和、戦争から高度経済成長、そしてパリと、時空を超え変化していくダイナミックな映像をベースに、伝説の芸術家・岡本太郎の全ぼうに、NHKが初めて挑む!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする