• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

長崎県内精霊流し人出18万6000人 昨年比1万6000人増

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2010年08月18日

県内精霊流し人出18万6000人 昨年比1万6000人増

 長崎県警地域課は15日夜、県内各地であった精霊流しの人出や精霊船の数を発表した。

 県内全体の人出は昨年より約1万6千人増え、約18万6千人。このうち長崎市内では約9万4千人(昨年比約7千人増)が精霊流しを楽しんだ。町中に繰り出した大小の精霊船は、県内では昨年より381隻減り、3543隻。うち同市内は1393隻(昨年比329隻減)だった。

 県警は、県内14署に雑踏警備の本部を設け、約千人態勢で警備。精霊流しにかかわる事件や事故はなかった。

 一方、長崎市内では精霊流しの終了後、同市に委託された業者が市道に散乱した花火などを清掃。同市によると、市内85カ所の流し場に集まった精霊船は解体され、延べ165台のダンプカーなどで同市戸石町のごみ焼却場に運ばれた。処理費用は約2千万円に上った。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする