• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

箱根寄木細工の若手職人グループが国際見本市に新製品を出展へ

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2010年05月25日

見本市に出展される箱根寄木細工のボタン

伝統工芸・箱根寄木細工の若手職人グループ「雑木囃子(ぞうきばやし)」(露木清高代表)が、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる国際見本市「インテリア ライフスタイル」(6月2~4日開催)に新製品を出展する。2008年度から「寄木細工の世界ブランド化」を目指してきたメンバー6人にとって、2年間の集大成となる。

 県産業技術センターと財団法人神奈川産業振興センターから08、09の両年度、技術・経営面で戦略的な支援を受けた。その中で、「都市生活を楽しむためのこだわりの逸品」の製品化をコンセプトに、プロダクトデザイナー喜多俊之さんの指導を仰いできた。

 世界の幅広い業界から注目が集まる見本市への出展は、販路開拓の絶好機。ボタン、茶しゃく、オルゴール、スピーカーといった新鋭の製品十数点を出展する予定だ。露木さん(30)は「2年間、考え苦しみ、発想の幅が広がった。見本市でどんな反応があるか楽しみ」と話す。

 雑木囃子は小田原市、箱根町内の木工所などに所属する若手職人で05年に結成された。6人の平均年齢は28歳。異なる素材を組み合わせて作る寄木細工のように、多彩な個性の集団を目指している。 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする