• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

盛岡城前の「そばカフェ」が開店2カ月-フラリと立ち寄れる店、徐々に定着 /岩手

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2010年05月25日

調度品など一見そば店に見えない「そばカフェ」。意外にも年配客の利用も多い

岩手県教育会館内(盛岡市大通1)に「そばカフェ」(TEL 019-658-0900)がオープンして2カ月が過ぎた。オープンは3月15日。(盛岡経済新聞)

 オーナーは、地元テレビ局で報道畑を歩いてきた佐々木茂博さん。東京時代に足しげく通った立ち食いそばをイメージしながら、退職後、ライト感覚なそば店「そばカフェ」を第2の人生に据えた。

 単品で300円台、丼とのセットでも400円台と価格の安さもさることながら、こうした業態のそば店は盛岡では珍しいことから、平日の昼時ともなると1日に80人をさばくほどという。あえて手打ちにこだわることなく、扱うそばは味と食感の安定した信州そばを仕入れる。

 「味ももちろんだが、むしろ人が集まる場所になってほしい」と佐々木さん。店内の一部をギャラリーにしたり、音楽会を開くなど夢は広がる。

 店頭でのレジ精算もユニーク。自動券売機代わりに、メニューの絵柄と値段が描かれた「札」を「売れる分だけ」掲示する。客はオーダーするメニューの札を取ってレジへ。これでその日何がどれだけ売れたか一目でわかるアイデアだ。札はその日に作れる分だけを用意するので、余分な材料を抱えるリスクも減る。

 メニューは、かけそば、もりそば(以上280円)、かき揚げそば(380円)のほか、そばとかき揚げ丼のセット(450円)、天丼とのセット(540円)など。

 営業時間は11時30分~14時、15時~18時。6月からは夜の営業も始め、酒類の提供も予定する。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする