• 地域社会とSORA-WEB
  • SORA-WEBレゾナンスが注目する地域社会の活動や様々な取組みをご紹介します。

原子力発電所建設反対!28年間反対を続ける町民を追ったドキュメンタリー映画が公開!

  • 投稿者:
  • NISORO事務局
  • 2010年05月21日


6月19日より、28年間にわたり原子力発電所建設に反対を続ける島民たちの姿を追うドキュメンタリー映画『祝(ほうり)の島』が公開されることがわかった。この映画の舞台は、瀬戸内海有数の漁場、周防灘と伊予灘の間に位置する山口県熊毛郡上関町にある、周囲12キロメートル、面積7.67平方キロメートルの小さな島、祝島(いわいしま)だ。



関西と九州の国東半島を結ぶ最短の航海上にあり、奈良時代から海上交通の要衝となる寄港地であったこの島は、豊かな海への感謝をささげる神官の祝(ほうり)がいたとされ、神霊の島と言われてきたという。その島の対岸4キロにあたる田ノ浦に、1982年から原子力発電所建設計画が持ち上がり、祝島では住民の9割が反対を表明、28年を経た今も、島をあげての原発建設反対運動を続けている。

 本作が監督デビュー作となる纐纈あや監督は、2003年にこの島を訪れた際、「なぜ、彼らは長い間反対運動を続けながらも、明るく暮らしていけるのだろう?」と疑問を持ち、本作の制作を決めたそうだ。そして、空き家を借り、寝泊りをし、島民の暮らしに寄り添った撮影を始めたという。

 人口512人(2009年5月末現在)、その70%が65歳以上という深刻な高齢化、過疎化の問題も抱える祝島。その島で、28年も巻き起こっている原子力発電所建設問題を、現地の暮らしに密着してとらえた本作は、もう一度核について、わたしたちの暮らしについて考える機会を与えてくれることだろう。

映画『祝(ほうり)の島』は6月19日よりポレポレ東中野(東京)、横川シネマ(広島)にて公開



チェック:瀬戸内海に浮かぶ小さな島の対岸での原子力発電所建設計画に、28年間にわたり反対を続ける島民たちの姿を追うドキュメンタリー。山口県・祝島に暮らすわずか500人余りの島民が、自然豊かな島での暮らしを守るために一致団結して立ち上がる。監督は、この作品がデビュー作となる纐纈あや。島での生活を大事にし、当然のように行動を起こす島民たちの姿に、改めてエネルギー問題や自然と文明とのバランスについて考えさせられる。

ストーリー:山口県、瀬戸内海に浮かぶ祝島。そこで暮らす住民は、厳しい自然環境の中、祖先が開墾した土地と美しい海を守り続けてきた。1982年、祝島の対岸4キロメートルのところに原子力発電所の誘致が決定する。島民たちはすぐに反対の意志を表明。それから28年経っても、力強く反対運動を続けていた。

公式サイト: http://www.hourinoshima.com/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする